20060924_119936.jpg 昨日は風邪のために寝たり起きたりを繰り返し夕方4時近くに起床。
やばい4時半OPENのライブに遅れる!
てなわけでOPENから一時間ちょっと遅れてやってまいりました町田のACT。
酔拳さんプレゼンツライブイベント。
そうです。この間フライヤのデザインやらをしたライブです。
実際利用されたのはロゴ部分だけだけどねー(笑)
馬鹿会の人達と久し振りに会う事が出来てよかったです。
あと馬鹿会メンバーのステージも(笑)
SEの曲が何か格好いアニソンでした。そこから初まるノイジーな演奏。
そのギャップが素敵でした。
あと家でやってる事と変わらねえwって意見が(笑
ライブ中はtkcさんにコネ作っとけ!という事で
色んな方を紹介して頂き名刺を渡したり、
会場内飲み食い放題だったのでビール飲んだりつまみ食ったりして演奏を見てました。
ライブの終わり間際にtkcさんと色々お話をした。
ライブペイントに出てみる?とかの話もあったりして(笑)
とにかく表現活動に幅が広りそうな話が出来て良かったー!
帰りの電車の中でリンダリンダラバーソール
(略してリンラバ!…やっぱ略す必要ないや)をもう一回読む。
この本読んでると考えさせられる2つの文がある。
丁度文庫でいうと32ページあたり。
「本当は表現したいという衝動だけがあるのであって、表現したいものなど、実は何一つないのである」
という末井昭さんの言葉と、
その頃ボンクラ学生だったオーケンの
“そのうち表現したいという想いさえ薄れて、社会の中になんとなく埋没してしまうのだろう。ミもフタもないが現実とはそういうものなんだ”
という思い。
実際、今専門二年生で就活が始まっている自分に
その「現実」が重なってきそうで恐ろしい。
そして、
君が表現したいものは何?と聞かれても
俺はその質問に答える事はできないだろう。
今までの作品を見れば分かるかも知れないけど俺の作品には定まったジャンルがない。
この本を読んで気付いたけど、ただ何か表現したいという気持ちが先行してここまで作品が増えてきたんだなと思う。
この何かを表現したい気持ち。
これが社会に出て忙しさの中で消えていきそうで怖い。
そのうち頭の中で人生のポジションが定まったりして、
「もう何かを表現する必要はない」
という結論が出てしまうのがとても恐ろしい。
もう表現する必要がない。
この考えがこれからの人生何度もぶつかってくるんじゃないかと俺は思う。
普通に生きてたまるか!
これ俺の小さい頃からの思い。
大人になってもどうコイツを実行するかが俺の課題。
そのためには就職とかどーしよーかねえー悶々ナヤムーああ、おい、そこのテメーはどうすんだよー?ああん?鉄パイプを飲み干す感触てかヤバいよこれーふふ。脳みその中身が全部イクラになる感じ。うわ想像したくねえ。
それでは取り返しのつかない文になった所でサヨナラー!
(俺は元気DEATH METAL)