whip! 書く事も決まって無いのに何を書くんだよ。
まったあああーーー
下北のマック。(僕の食生活に関してはそっとしておいてあげてください)
舞城王太郎の本読んでた。
かなり前にこの人本勧めてた人いたよね。今頃読んでるよゴメンね。
なんか恋に悩む若き乙女の独り言だか妄想だが
よくわからん文章が頭にツラツラ入ってくる。
頭の中で色々独り言が増える。
この独り言が永遠と続けば俺はもうちょっと
頭の中がふらふらする事が無いんだろう。
シャスティンでてこねーかな。スウェーデンにいるんだって。
トイレに行ったとき、マックの店員2人が
女子トイレのドアの前で立っている。
「30分経って出て来なければ…ですね」
しまったヘッドホンをしてたから聞き逃した。
なんだ。何が起きてるんだろう。
ああでも興味ない。と言ったら嘘だけど、まあ別にそんな
と俺の頭の中の記憶がフラッシュバック。
そうだ。前にも下北のマックで変なのあったな。
http://m07.jugem.jp/?eid=149
コメント欄にナーバスだったミタライ君がいます。
今のおめーを見てると安心だよ。
いやもちろん俺は君の全てを見てる訳ではないがよかったなーと思ってるよ。
じゃなくて、まあそんなかんじね。ふふ。
人が集まる場所で色んなことが起きるのはあたり前なんだからさもう。
おれは少しだけ非日常の鱗片を感じ取れたんだからそれで十分じゃないの。
ああでもちょっとね。もっとおもしろいことあったよ。
ったったーんアイアムセクシーシンセサイザー。
山手線の電車に乗ってたんだ。
目黒からの帰りで。
そしたらさ、
女の子が突然大声出してさ。
「みなさーんっっっっっっ桜綺麗ですよー!!!!!!!!!!!!」
「窓の外を見てくださーーーーーーーいっっっっっっっっっ!!!!」
とか言うのさ。
今のご時世KYだとかいう言葉が流行って
空気という言葉のもう1つの意味がもてはやされてるけど
まさしくその意味の空気が変わったね。
その女の子が腹から隠し持っていた
洗剤に+α(混ぜるな危険)を入れたペッドボトルを取り出して
シェイクしだす
(と思ったもん。シャカシャカ。)
とにかく車内の空気が凍り付いた。
そして彼女は続けて程よく人がいる車内を突っ切って
「窓の外見てくださーーーーーーーーーいっっっっっっ」
「桜見てますかーーーーーーーーーーーーーっっっっっ」
とかいうのさ。とにかくみんなだんまりしてた。
僕は会社の先輩と
「劇団の練習だ」とか「前衛芸術」だとか
こそこそ話してた。
本当に他の人の迷惑を考えられない人ならまだしも
あの声のボリュームは意図的にやったとしか考えられない。
それを踏まえて鉄のような芯を持って車内で大声を出し、
その空間にいる不特定多数の日常を一気に非日常的な物にひっくり返した
彼女の行動は凄いと思うんだぜ。俺は。
だからこんな気分に会わせてくれた彼女には拍手を送りたい。あはは
顔はほとんど隠れてたけどちょっと可愛かったかな。
もし、そんなイカレた女の子と恋に落ちたら
俺の人生はどんなにエキサイティングになるんだろう。
あ、シャスティンがやめとけって言ってる。
ごめんよシャスティン。
でも実のところお前の名前はシャスティンじゃないんだ。
お前に性別も名前は無いのさ。
次の駅に電車が停まったとき、
あの子は最後に「渋谷に着きましたー!!!と声を出した。
先輩は「あの子の事頼んだぞ…」と言う。
俺は「はいわかりました」と言う。
俺は電車を降りようとする。
…っておいこら、まだ電車は恵比寿じゃねーか。
俺は渋谷でおりるんだ。
間違いやがってこのやろう!!!