navication open

*logこれからする事

よりよい人生を送る(つまりエンジョイする)ために
僕がこれからする事です。
いいか、耳の穴かっぽじってその少ない脳ミソによく叩き込んどけ。
まず来月7月17日に早稲田の茶箱という場所にて行われる
“Cheapbeats”という国際的なチップチューンのイベントにてVJをします。
ババン!
http://www.cheapbeats.net/
(フライヤは後ほど僕がデザインした物に変わる可能性があります。時期が来たらこっそり変えます。)

そしてチップチューンとはなんぞや。
という方に少し説明を付け加えておきたいと思います。
それは僕がみんなに興味を持ってもらいたいが為に、
そして独りよがりの告知としてこの記事を終わらせないために
少ない脳ミソを絞ってこの文章に付加価値を付け加える事によって
少しでも記憶に残るように誰か誰か。ちょっと、構って。ハーイ。

前置きが長い割に簡潔に説明しますが、
チップチューンとはゲームボーイやファミコンの音色を使用又は再現して
作られた音楽です。ピッコピコピです。
wikipediaを覗いたら濃厚且つ丁寧な解説があったので
僕は下手な定義をしたくはない気持ちに駆られました。
そちらを御覧ください。ぜひ。
ついでに僕のYOUTUBEチャンネルも見てってくださいね。
これらの曲はゲームボーイで作ってますよ。ふふ。
…どうですか、この音、気になりましたか?
遊びにきてみたい人は
twitterでもmixiでもメールでもなんでも
構わないのでご連絡くださいね。
そしてそして更に数ヶ月後!
夏の暑さ残る9月に
NYで毎年行われる世界的な8itアートの祭典”Blip Festival”のin東京版
Blip Festival tokyoにてVJをさせて頂ける事になりました。
コチラもかなりビッグな内容でドッギドキですが、
もういっそ、先生を大画面に大画面に映してしまおうか。
先生、先生なら僕がどうすべきか知っていますか。
先生、あなたは僕がどうするかを既に知っているのですね。
先生、僕は安心してプレイできます。
リンク先はこちらです。
そちらに関しては追々また告知いたします。
まずは”Cheapbeats”
ぜひいらしてくださいませ。
僕もイベント重ねる毎に精進しながら成長していく所存です。
◇イベント詳細
“Cheap beats”
7/17(土) 17:00~
@早稲田 音楽喫茶茶箱 (クラブ茶箱)

http://sabaco.jp/

チケット:¥2000
出演者
(ググってURL探し当てました。間違ってたらごめんなさい)
Minikomi
m7kenji(自分)
coova
Xinon
BUN
cheapshot
ののののののののの
DS10 DOMINATOR
+スペシャルゲスト
チケットは下記に適当に連絡ください。
twitter
mixi
メール


*log考えていること

こんばんは、おはよう、こんにちは、
お久しぶりです。
元気にしているでしょうか。
多くは書きません。
しかし多くの事を書くでしょう。
考えていることを書きます。
現時点ではまだ考えているだけであってまだ結果は出ていません。
おかげで心苦しい日々を送っていますが、
いや、世間にはたとえ心苦しくても
その心苦しさから逃れる方法はいくらでも用意されています。
ゲームをしたり、好きなガジェットをいじり倒したり、
心ゆくまでtwitterで自分の存在を発信したり
tumblrで好きなものをコレクションして知識欲を満たし、広大なネットをさまよったり。
これは人により様々ですよね。
そういったサービスは今では至る所に存在しています。
さきほど、言った心苦しさとは
何なんだろうか。
どうも僕は自己判断ですがクリエイターとして、
好きだから楽しいから創るという純粋な動機では動けないタイプになって来ていて(この前兆は随分前から来ていたけど)
これをしないともうやっていけない心境が無いと手が動かないみたいです。他人事みたいに言っちゃって。
本当は何をしたい?って言われたら多分何もしたくない。
ずっと寝ていたい。むしろ生きている必要もない。人生を(誰も悲しませず苦ししませず自分も苦しまず)終わらしたい。
しかし、後悔という言葉がありまして、それが常にずっしりと重いMacBook入りのカバンみたいに背中に張り付いていて、すんなり終わらせるワケにいかないのです。
つまりなにかって言うと後悔しながら死ぬのが苦しいし怖いし嫌だ。
自分の人生は何だったんだと思いながら死んだり、大切な人たちを悲しませたり。別に憎まれながら死ぬのは構わないんだけど(ざまあみろ!)。僕にとって汚い終わらし方をしたくない。
死に場所を探しているといえば陰鬱に聞こえますが、
そんな僕に注目してよ!っていう事ではなく、
綺麗なお話みたいに起承転結をしている生き方をしたいって事だと思います。
そう考えると死って別に悪いイメージじゃない。”。”まる。◯です。×じゃありません。
火の鳥のクローン人間の話で体を機械化させてまで延命しているおばあさんがいたけど滑稽です。でも今の世界でやり残した事があったのか、そもそも起も始まらず結が迫っているのか。そうだとすればその気持ちも分からなくはありません。
しかし、どちらにせよ、そんな生き方はしたくはありません。そして危惧すべきなのは下手したら自分もそんな生き方になってしまうこと。
ゲームをしたり、好きなガジェットをいじり倒したり、
心ゆくまでtwitterで自分の存在を発信したり
tumblrで好きなものをコレクションして知識欲を満たし、広大なネットをさまよったり。
で人生を埋めるのは問題ですね。
経験としての蓄積なら問題ないけど、
水と塩と同じように摂りすぎると毒です。
読む側もつまらない。
さあペンを持ち、
綺麗に結へと繋げるために話の続きを書きましょう。
そんな生き方してみませんか。あなた。
本当はVJのお知らせやフリーペーパー掲載の話があったのだけど、
それはまた近日中に。
まったくもう遊びにおいでよ!


Archive