navication open

*logTPL

「いいね、いいね、これ~」
「こんな気分は久し振りだねー」
「次はどこにする??」
「あれ。」
僕は七階建てのビルを指した。
土色のビル。
室外機が虫の様にへばりついてる。
その後ろは青い空。
雲1つない空。
本日は晴天。
空気は肌寒いけど、
日射しがとてもあたたかい。
ひょっとしたら今が春だと
間違えてしまうかもしれない。
別に平気だけどね。
「こんばんは」
と三角ハットのおじさん。
拡張された道路の
真新しい部分に立っている。
靴は油でペッタペタ。
「おじさん、今は昼だよ。」
「おじさんはね、
多分気付いてないだろうけどね、
いや、たぶん、
本当さ?今はね昼なんだよ。」
僕らの背中、
遠く遠く、
後ろでは女の叫び声。
この街は少しだけおかしい。
「いこ。」
友達は真新しいブーツで
僕が見つめる方向へ走っていた。
「行っちゃったよ、友達」
三角ハットのおじさんは
泥になってそう言う。
その時僕は遠くを見つめていた。
もしかしたら
友達は僕の見つめる
方向――。つまり
遠い場所へ行ってしまうのかもしれない。
僕の遠く遠く後ろでは
女の叫び声。
そして僕の遠い遠い先は
友達が走っていく。
「行かないのかい?」
おじさんは水になっていた。
僕は考えている。
たとえば60円払って
100分の1の確率でその幸せが手に入ったとすれば。
僕は100分の1で幸せに当たったという事になる
でも残りの99は不幸せかって言われればそうでもない。
1はスクリーンの中の映画だ。
フィルムの外から出る事は決して出来ない。
99と1は違う。
当たりの棒に出逢ったら、
99に引き換えをするため
走るだろう。
僕も最後はおじさんみたいに
水になる。
遠く遠く後ろで
叫んでた女の声は枯れた。
おじさんの言うことは
本当だったみたい。
今は夜だ。
僕は嘘をついていた。
友達は―。
夜は何をする?
眠る?
それも正解だ。
眠れない?
寝なきゃいいだろ?
お好きにどーぞ!


*logマッチポンプ


[YOUTUBE]
[ファイルシーク経由]
ゲームボーイで曲作ってUPするより、
可愛い虫の絵を描いてUPした方がコメントがあつまる事実。
近日東京タワーへ登りたいと思います。
なんでかは分からない。
ただ容易に予測されるであろう未来に
自分では理解し得ない突然の風景に遭遇したならば
思考はどういうリアクションしてしまうだろうとても気になる。
興味深いことだ。
どうする?
例えば明日仕事なのに、
反対方向の電車に乗り
箱根辺りにいたり、山に登ってたり。
寂れた温泉街でワンテンポずれた昔のアーケド機とかで遊ぶ。
僕はそういう状況なんて今まで生きてきて一度も体験なんかしてないけど、
たとえばジャレコのファンタズムなんかあったら最高だ。
この物語は主人公が死ぬ事で始まる。
彼女を守り切れずに死んだ主人公。
彼は幽霊として蘇り今度こそ彼女を救うために
あらゆる生物に憑依して進んで行く。
最後の最後に彼女に憑依して最後のボスを倒すんだ。
そして最後の最後の最後まで主人公は彼女と言葉を交わすことはない。
彼は幽霊だから。彼女には見えない。
なんとも。
でもハッピーなエンディングだった.
とてもいい笑顔だった。
顔は見えなくても存在にはきっと気付いてたんだと思う。
なんとも。
話はどこへ向かって行くのだろうか。
最近買った本、「アメリカの夜」が読めない。
作者の語りが非常にねちねちしていて僕にとって駄目だった。
主人公はたしかギャラリーで結構おいしいバイトしていた。
時代はそうだな、たしか学生運動とか盛んな時代だったか。
んであるときその主人公になんかおきるんだ。
最後に本を開いたのが一週間以上前でよく覚えてないや。
1ページ1ページ読む毎に
皮むき機で体を削がれていくような気分だった。
あんな気分は時間に余裕があるときにしかなりたくないね。
あの本は多分しばらく本棚に挟まったままだと思う。
僕のバックに詰め込まれ一緒に出かけるのはまだ先の事だろう。
別に難しい本読んでうふふって事はする気はないんですよ。
だから東京トンガリキッズみたいな本読みたい。
でも僕の知る限りそういう本は無いから
次は中島らもさんの死に際までに書いていたエッセイでも買おうと思う。
僕が好きな本はリズムが良いものだと思う。
言葉が頭の中で踊るやつ。
そして情報が僕の頭の中でまわるんだね。
ポンプだ。ポンプ。
停滞した思考の中を本というポンプで新しい情報をそそぎこみ、
頭の中がジュゴーっと流れるプールになる。
そこに溜まっていた情報も水流に巻き上げられ新しい情報と踊る。
僕はその中で大きな浮き輪に腰を据えてプカプカ浮かんでる。
ただ残念なのは僕は上を向いてポカーっとしてる。
ちょっと素潜りしていい獲物でも狩ってくればいいのにね。
まあ今はちょっと自信がないな。
要するに僕が言いたいのは
忙しくとも本くらいは読むもんだよ。
君の部屋に窓が出来てそこから色んな風景が映るから。
気が向いたらちょっと外に出てみるといい。
話はどこへ向かうのだろうか。
このあいだ土曜展示してたよ。
ここで告知できなくてごめんね。
ハッピーエイジグラウンド。


僕にとってグラフィック作品とはなんだろうか。
最近その定義が難しくなってきた。
僕1人でどうにかなる問題ではないのかも。
もしかしたら問題にもならなくなってしまうかも知れないのだから。
それは恐ろしい。嫌だなー。
それか、それかね、もし
僕が人を信じなくなれば再び作品作りに没頭するだろう。
でもそれは嫌だ。そんなの火の鳥の我王じゃないか。
今は信じ切る器をでかくでかく。
僕はその人にどんなに欠けた部分があっても許す。
そのかわり、正しいと思う物は正しいと言う。嫌な物には嫌だと言う。
自分の善悪に乗っ取ってやっていきたい。
だから相手によっては僕が敵にも見えるし
ただの八方美人に映るし姑息な奴にも見えるだろう。
しょうがない。今はしょうがないで片付けよう。
僕はそういう点で言えば本当にひとりぼっちだ。しょうがない。うん。
そしてそんなこんな面持ちな私は
来月11月頭にデザインフェスタに出展しますよ。
今までぶつぶっつ言って来たけど
これが言いたかった。
そしてここまで読んでくれた君ありがとう。
さらに実はもう書く余力が無い私は先ほど、
OBARYのwebページを開いて文章をコピーしてきた。
ペーストしてちょっと弄ってみようか。
———————————————–
アート仲間、OBARY&MINA、yuuki kikuchi 、m7kenji、velonyca velonico、#9、とうふ、と並んで出展します。
かなり濃いぃ空間になると思います。
今回、来なきゃホントもったいないです。
みんなキャラ濃い。
ブースナンバーは、 1F:C-490
お暇な方も、そうでない方も、ぜひお越しください。
よろしくお願いします。
ちなみに、濃い人々が↓のように並んでいます。
C-486:velonyca velonico
C-487:#9・とうふ
C-488:m7kenji
C-489:yuuki kikuchi
C-490:OBARY
C-491:MINA
◆◇◆◇◆◇◆
日時:2008年11月8日(土)、9日(日) 11:00-19:00
場所:東京ビックサイト西1、2、3、4ホール、アトリウム&野外
チケット:
前売券→¥800(一日券)¥1500(両日券)
当日券→¥1000(一日券)¥1800(両日券)
※再入場可
※小学生以下無料
※一般前売りチケットは下記プレイガイドでも発売しています。
ローソンチケット / Lコード: L-38162
チケットぴあ / Pコード: (1日券) P-613-946 (両日券) P-986-232
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

———————————————–
ありがとうOBARY。
僕が言いたい事は既にOBARYが言ってると思う。
”みんなキャラ濃い”
こんど何かお礼をしたい。


*logキララ

可能なかぎりかわいくしました。
名前に惑わされてはいけません。
チェルノブイリあたりにいます。
寝る。


*logやねまでとんで


[YOUTUBE]
[ファイルシーク経由]
こわれてきえた?
へぇー、こわれたの?
壊れたんだ。
はは。
その発想じゃ少しつまらないな。


*log改造

2点改造。
そのいち。
■sx-150
→エジソンのコードをつけて電極棒?を2つに。
これにより音階間移動が楽になりトリッキー演奏も可能に。

[YOUTUBE]
そのに。
http://m07.xxxxxxxx.jp/
→ほったらかしのPC版サイト改造。
モバイル、PCと2サイト更新を継続させるのは困難なので
(というかPCでサイトをやるメリットが見当たらなければやる気が起きない。)
1ページで完結させました。
将来的には大きいサイズの作品も載せられたらいいね。ね。
さて今週末土曜にHAGありますよ。
あーこくちしてね。ひゃー。ちこくちこくっ!
僕はトーストを口にくわえ家を飛び出す。
嘘です。朝メシはカロリーメイト2本とおにぎりです。
ちゃんと喰わなきゃやってけねーよ。
辛いから喰うんだ。わかるか?


1 / 3
Archive