navication open

*log160817

きっとパイプに溜まった泥を根こそぎ吐き出したあとに通る清らかな水のように透き通った思考、悔しさや悲しさ怒りのあとに残る目的と理由。
何重の網の中を掻い潜り引っかからず何者にも成らなかった思考、純粋さ。自分の命が、時間が、呼吸を始めるように感じる。


*log160808

どんな環境でどんな暮らしをすればそんな言葉が生まれるのだろうか。
そんな事を思わせる作品に出会う事がある。
本当にすごいことだと思う。

どんな事が必要だろう考える。
なぜそんな事を考えるのだろう。
なぜを考える。なぜ、なぜだろう。

ええと僕は今日東京ビックサイトでやっていたMakersFareに行って
帰りに秋葉原メイカークラブに行くべきかPARCO閉館前最後の2.5Dのイベントに行こうか迷って結局人当たり云々が自信が無い僕は今日は疲れしてしまうだろうと思い、トコトコとビックサイトから臨海副都心を歩く事にして、うん、そう、
歩くこと、歩くことは日々デスクワークばかりの自分には重要な事であって、病気になったり体の不調に苦しめられたりしないように、歩ける時は歩いた方がいいと思った。

CpQ6zcLUIAAL2tB
歩けるときに歩いて素晴らしい景色、日が落ちて暗くなってしまう前の空とか真っ暗になってくビルとか、そよそよ吹く風とかそういう物に出会うと自分はあと何回自分の足でこういう場所を歩けるのだろうとか、考えちゃう。まだ寝たきりになるような年には程遠いんだけど、おかしいよね、そんな事考えちゃう。

でもいつでも出来るって思ってるといつでも出来なくなってしまう。
いつでも出来ることは可哀想にいつでも後回しにされてしまうんだ。
で、僕はどんな事が必要だろう。

シャンプーとコンディショナーが切れそうだからamazonでポチって、下着の洗濯もしないと、あとは雪肌粋買っておこうか、それに火曜日にゴミ出しがあるからゴミをある程度まとめて置いたほうがいいかな、さらにお盆前には清潔な髪型にしておいた方がいいよな、とか、そうだ、デスクにいつか植物とか置きたいな、心が豊かになりそう。ああ、燃えるゴミの日は冷蔵庫のゴミも整理して出さないと、そういえば押し入れの除湿剤もかっておきたいんだよ、つまり雪肌粋と一緒に買っておけばいいのかな。中々口内炎も消えないし病院行ったらいいかしら、明日家を出る時はルンバもどきをONにしよう。床の荷物片付けなきゃ、最近家が休まらないしフレグランスでも買った方が良いのか、

悲しいかな、いつでも出来る事はいつでも後回しにされてしまう。

いつでも出来ることを出来るようになったら、夏のひかりの中に寂しい背中以外にも色々感じる事が出来るのかもしれない。1ページが10ページに増える様に世界が広がるということ。
技術を極める時、心を無に、心を機械にする必要があるかもしれない。
でも魂を込めるには心がないといけない、心を作るにはいつでも出来ることを本当にいつでも出来るようにならなくちゃいけないとも思う。
その度に自宅でカレーライスを作る話を思いだすんだよなあ。


Archive