navication open

*logBUGTRONICAつくってる


BUGTRONICA。今月の頭くらいから作り始めてる。前回Blipfestival東京のアプリをリリースしてもう半年くらい経つんじゃないだろうか。

その間サイトのリニューアルを行ったりNAというサイトを作ったり(このサイトはどうなってしまうんだろう!)そして年明けにはイベントも何回か出演させて頂いて、もちろん生きていく以上自分のための事以外にもやることはあってそれは仕事だったりごにょごにょごにょ。

一人家路に帰るときや、一人でご飯食べるときや、背中を丸めて夜寝るようなときはずっとビットファットヒューマンの事を考えていた。

BUGTRONICAという作品はこのサイトずっと前から見に来てくれている人は既にご存じかもしれないが、Ringoと同じく僕が数年前にリリースした実験的携帯Flash作品だ。

2008年の年末。クリスマスが終わり、2009年の始まりに向けて何となく町が静まりかえっているような時期に生田の安アパートに1人引き籠もりながらプロトタイプを形にしていった作品だ。

あのときの開発のスピード感は自分でも異常だと記憶している。たぶん泣いていたかもしれない。本当に毎日涙を流していた訳じゃないけど簡単な一言で心境を表すのならばそんな感じだ。
実際にその頃の記事を見ると自分で言うのもアレだけどなんというかグッと来る気持ちになる。
ああなんということだろう。
若さを失っていくというのはこういう事なのか!!


僕は今自分のそういう気持ちや感情をうまく文章にしてアウトプット出来るように(うさぎのへいたいは待機の)うぃくんが出演してるイベントに来たのにも関わらず会場のトイレ横にあるスタンドライトの横にまるで蛾のように引き寄せられながらポメラをパチパチ打っている。
でも、自宅の机の上で書くより、マクドナルドの机の上で書くより、僕は空気呼んでないかもしれないがこういう場所で何か考えたり落書きすることは好きだ。

どこかで読んだ話だけど、作品には2種類のタイプがあるという。
苦しみを表現し共感や共有をさせる作品。
苦しいけどいこういう風に受け止めたと伝える作品。
主観的に答えるのならば僕はBUGTRONICAは後者だと思っている。
人によっては画面を見た途端に閉じてしまうかもしれないけど僕はそう答える。

救いようの無い作品は作りたくない。
救いようの無い作品はそれこそ僕自身を救いようの無い人間にしてしまうし、なにより誰かに助けを求めるのではなく、自分自身を救うために作品を作りたかった。

その時の僕にそういう考えがあったのかは不明だけど、この作品のエンディングを思い出すと僕は寒空の下でマッチを擦って火をつける様な気持ちになって、そのほのかな暖かさにほっとする。

とても悲しい気持ちや孤独な気分になったとき、僕は時々ビットファットヒューマンの事を思い出す。そして最後はエンディングの事を思い出す。
それに付随するように今、作品をリメイクする上でそのシーンをどのように再表現させようかと考えている。

僕はクライマックスとそこへとたどり着く道のりを考えている。例えるならジェットコースターのレールでもいい、お化け屋敷のコースでもいい。作品に触れる人をどのようにして最後の一番見せたい部分へ連れていくかを考える。

BUGTRONICAは暴力的だけど優しい作品にしたい。
文字と記号でバラバラになってしまった主人公。よく見ると主人公には顔があって、その口元は微笑んでいる。
「血を流しながらにっこり笑おう」彼を見つめてそんな先人の言葉を思い出してる。


こんな感じでつらつらと作品への思いを書いてみたけれども、30日には「うさぎへいたいは待機」のライブが差し迫っている。(誰か!来て!)
僕は2人のためにとびっきりな素材を作って一緒にステージの上に立つ必要がある。さあどうしよう。たのしもう。

とりあえずBUGTRONICAは考えを排出させただけでも自分の中では大きな進捗だと思っていて、夏前をリリースの目標にしてコツコツ作っていこうと思う。

それまでに2人とのライブや、今仕事をしている会社が実は地味にやばいのかもしれない(!)という事を乗り越えて色々な事を吸収して成長して作品に反映させて行きたいと思う。


12.3.30うさぎのへいたいは待機とライブする


来る3/30と4/2はスペシャルであかんくない8bitポップユニット(否)「うさぎのへいたいは待機」と一緒にライブをするよ。VJをするよ。


彼らの特異なユニット名にピンと来た人はサイトへ行ってマイスペで曲を聴いてみよう!

うさぎのへいたいは待機 on Myspace

そして思わず彼らのプレイリストを全曲聴いちゃってMySpaceの胸クソ悪いラジオが流れ出したらどうしよう?

簡単さ!Myspaceに苦情を送ってブラウザを終了してライブへ行こう

今回はユニットにお邪魔する感じで3人でステージに立つよ。
いつもの裏方ではなく表に出るからドキドキだね。

恥ずかしいから顔に溶接面を付けて出たいと言ったら
ういくんい却下されたよ。ドキドキだね。

◆詳細
□2012.03.30 @SIMOKITAZAWA MOSAIC
ADV/2000 DOOR/2500
OPEN/18:00 START/18:30
http://www.studio-museum.com/mosaic/schedule/index.html

□2012.04.02 @DAIKANYAMA LOOP
ADV/2500 DOOR/3000
OPEN/18:00 START/18:30
http://www.live-loop.com/schedule/al/schedule.html

うさぎのへいたいは待機。ホムペ

お問い合わせはこちらから

  mail


Streets of Bass [Album artwork]




CheapbeatsではイベントでVJやフライヤをデザインさせて貰っていて日頃お世話になっているCheapshotさんのニューアルバムのジャケットデザインさせて頂きました。

一応デザインはStreets of rageというゲームのパロディなんだけども他部分はパロれきれてるかはあれだけども個人的には幾何学的な街の造形が気に入ってる!
前作のジャケットデザインはこちら

今回はBandcampというサービスを通してリリースされています。
Bandcampとは?

アメリカ生まれのアーティストが自分で作品を直販できるサイトです。
登録は無料、販売時の決済はPAYPAL(オンラインの決済サービス)を利用します。
http://bandcampjapan.com/より抜粋

購入にはPAYPALが必要になるけど視聴も出来るので是非気に入ったらGETしてみてくださいな。

【視聴・購入はこちら】


ジャケットの方もiPhoneの壁紙サイズを用意したので気に入ったらつかってクダサイ。→[壁紙DL]


12.3.20 Cheapbeats4



実は先月頃から今借りてる部屋の大家さんの意向によって自宅にケーブルテレビが繋がれた。今まで地デジのテレビの工事もすっぽかしていたため、アナログ放送終了の7月から実に半年以上ぶりのテレビとなる。

個人的には日本映画専門というチャンネルが好きだ。今昔ジャンルに関わらず日本の映画が流れる。

最近は「仲間たち」という日活映画を見た。
舞台は高度経済成長期の川崎の工業地帯。東北の田舎から出てきた運送屋の光弘はバスガールの節子と恋に落ちる。
ある日同僚の事故退職を目の当たりした光弘は将来を真剣に考え、自分のトラックを手に入れていつか会社立ち上げる事を人生の目標にして毎日死に物狂いで働く。



多忙な日々の中、貯金は着々と貯まっていき光弘は夢へと一歩ずつ近づいていくが、その反面疲労がピークへと達していく。そんな彼に追い打ちを掛けるように幾多の問題が襲いかかってくる。
将来に絶望しヤケを起こす光弘。節子だけでは彼を支えきれなかった。そんな二人を救ったのは行きつけの中華料理屋で餃子を焼くのが上手い和吉。そして光弘の職場の同僚達であった…。

なんといっても和吉の役回りがとても良い。
実は和吉は節子の事を好きだったんだ。でも光弘との友情は裏切らない。
そりゃ一時は包んだ餃子をポトポトと油の入った缶に落とすほどショックだったけど和吉は2人の事を見守る事にしたんだ。

光弘に中古トラックを紹介したのも和吉。
光弘と喧嘩して悲しみに暮れる節子をフォローしたのも和吉。優柔不断な同僚達のケツを叩き光弘を救いに行かせたのも和吉。主役は和吉と言っても過言では無い。


これがもし現代の映画だったらきっと三角関係とかになって奥様方が喜ぶドロドロ展開になり、雨の中ナイフを持った和吉が光弘を叫びながら襲ったり、節子が光弘に近づいたのには別の目的があったからとか見ていてとっても疲れる内容になったんじゃないかと思う。

しかし!しかしだ。この映画はこの和吉の徹底した「良い人」という性格と存在が、まるで春風の様な爽やかさを映画全体に吹き渡らせている。
劇中の所々にミュージカルのように挟まれる和吉の歌声が川崎の工業地帯に建つ無機質なパイプや建造物と混ざりあい、ある種陰鬱さを漂わせる工場のイメージを完全に吹き飛ばしつつ、フレアスタックにゆらゆらと灯る炎の様に若者達の青春をスクリーン上に灯す事を見事成功している。

映画、見てみたいと思った人もいるんじゃないだろうか。でも映画見るより、実はイベントに来て欲しくてこの文章書いたんだよ。

前置き長いけど本題はここからなんだよ。

もう少しだけおつきあい願いたい。



Cheapbeats4
http://www.cheapbeats.net/?p=94

CheapbeatsはLazerbeatとCheapshotの二人が東京で主催する、半定期的なピコピコチップチューンイベントだよ!
僕はVJします。もしかしたらスーツ姿でやるかもしれない。
一番上に載っているフライヤーも今回デザインさせて頂きました。スマフォの待受サイズだからぜひ設定してね。

◇詳細
Cheapbeats 4 is here!
3/20 – 15:00 – 19:00 (Doors 14:45)
¥1000
15:00 – Lazerbeat
15:35 – Tappy
16:10 – Usaginoheitai
16:45 – Bun
17:20 – Cheapshot
17:55 – Minikomi
18:30 – Hizmi
VJ m7Kenji
Twitter Hashtag: #cheapbeats
Twitter
Address:
YK Building B1F
West Waseda 2-1-19
Shinjuku-ku
Tokyo
162-0051
Map

みっちゃん(光弘)せっちゃん(節子)幸せに

  mail


*log





1 / 2
Archive