BlipFestivalTokyoが終わって、
収入を得るための仕事が一段落ついて、
今は自分のメンタル的な部分をやっと一息つかせてる。
楽しく楽しくてそして間髪無く入った仕事で疲れた。








※携帯の方、こちらからイベントの動画が見れます。



あの大きなイベントから一週間ちょっと経っているので今更日記みたいにその事を書いても仕方が無いし、ああ、いつからちゃんとblogを書かなくなっちゃたんだろうと何回も同じ事言ってもしょうがないし、
やっぱしtwitterでリアルタイムに体験を伝えられるって素敵ねピヨピヨって言え。

ところで僕はこのテキストをOmmWriterっていうアプリで書いているんだけど、文字をタイプする時に音がなって気持ちいい。
今はドッジボールに使う玉を地面に落としてリバウンドさせてる様な音がしてる。人によっては悪いグループから集中してボールを当てられまくってるトラウマを思い出すかもしれない。
(イ タ イ イ タ イ)

レトルトカレーの搾りカスを白いご飯に向けて指で一生懸命押し出すように今後自発的に何をやろうか考える。うーん。





・Ringoのアプリ紹介動画撮影

これがあるとないとじゃ違うと思う。動画を作ったらレビューサイトに送ってみよう。Ringoは多分僕の作品の中で一番明解で分かりやすいアプリだと思う。だからこそもうちょい知らない人に向けて広められるように努力しよう。Bugtronicaだとそうはいかない(よなあと思う)


・NAというサイト作成

僕は最近というかここ数年ActionScriptとか小難しい勉強ばかりだったので、スマートフォン向けの待受を公開するサイト作ってそこで継続的にグラフィック作品を公開して長い間おざなりにしてるデザイン的なセンスや表現力を成長させていく事が出来るような環境を作りたい。
そしてこのサイトでまだ見ぬ沢山の人と繋がる機会を作りたい。


・BUGTRONICAのスマートフォン移植

毎度のことながら一からAS3で作り直す。
2Dアクションの当たり判定が一番のネック。物が落ちて壁に当たったり落ちるのをやめてブロックの上に乗ったり画面上の右寄りに行くと背景とステージが動いたり、みんな一体どうやってやってるんだろう。
BGMも作ったほうがいいかな。




こんなところか。こんなところなんだろうか。
かぴかぴになったご飯に向けてレトルトカレーの袋を指で必死に押す。
潰れたジャガイモが出てきた。
もうこんな感じだろうと思った。

とりあえずこんな感じでいい。