navication open

*logリッチブラック生中継

おい、おまえら。

あしたで展示が終るけど、



リッチブラックの奴らが

思いつきで展示を真っ昼間から

webで生中継するらしいぜ。



残念ながら携帯からじゃ見れないんだけどな。



本当に思いつきで何も考えてないから

自由にやるぜ。そうしましょう。

多分お天気カメラ的にだだ漏れ流してると思う。



ここからどうぞ。↓


click





今日は久しぶりに

展示に来てくれたミタライと会った。

僕はパーティーで

身長191cmの彼を貶した。





ミタライの仕事は仙台の地下プランターで

頭部だけの牛を培養液に浸してひたすら牛タンを

生産及び管理をするお仕事。





「よくさ、人をからかうとき、

 舌を出して”あっかんべーっ”てする仕草があるだろ?

 普通はまぁイラってすると思うんだけど、

 おれ、あれを見るとさ、とても悲しい気持ちになるんだ。

 ときどき仕事中に、プランターの牛が理性の目を持って、

 あの大きな瞳でおれを見つめるのよ。

 だから舌を見るとさ、あいつらの事思い出しちまって…」





そう言うと彼はただ前を見つめて

手に持ったStone Castleのボトルを直接ぐいっと喉元に流し込む。



彼はボトルを決してテーブルに置かない。

土色に変色した唇から

アルコールと木の香りが混じる、長くて細い溜め息を吐く。

溜め息は換気扇のファンに吸い込まれ

東京の生ぬるい夜風に乗って町の明かりへ消えてく。



僕はそんな彼を横目で見ながら

ある偉人の言葉を思い出す。





「酒を飲め。こう悲しみの多い人生は眠るか酔うかしてすごしたほうがよかろう。」

ーオマル・ハイヤーム





ああミタライ。

辛い時は酔っていいんだよ。



沢山バーボンを飲んで

沢山酔って酔いつぶれて

沢山死んだように眠って



そしていつか

目が醒めたとき、



これからの事を考ればいいじゃないか。

だから今日はそのボトルを空にしてもいいよ。





僕はミタライに愛してるよと言った。

彼の返事はなかった。

(※僕にその気はまったくありません)





あとフリスクのブラックを

十数個口に入れた花木はおかしいと思う。



そして展示に来てくれた

gen-noとcomo有り難う。



あした11時に高円寺なのに

寝ようと思う。


*log展示してるよー

リッチブラック展示やってますと。
僕は言います。
画像のテトリミノの下には#9とあいつと102が隠れてるよ。
こすると見えるよ。
展示はWARAZIと特に変わらないのが申しわけなくて…
すまない ぬぎゃー。
しかしこの4人が揃うと豪華だよ。
土曜日はちょっとした飲み食いもあるでよ。
掴み放題だよ。(なにが)
あひー
リッチブラックの今後に注目ご期待。
————————————-
RichBlack
7/21(tue)-7/26(sun)
11:00-20:00 (最終日17:00まで)
※入場料無料です。
Place: The Artcomplex Center of Tokyo 2F ACT4
(私は平日会場へ行けないのですが、土日は終日会場に居ると思います。)
-member-
m7kenji
#9
102(toufu)
velonyca velonico
The Artcomplex Center of Tokyo
リッチブラック展特設ページ(PC)
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT4/rb.html
〒160-0015 東京都新宿区大京町12


*log先生


「はい。私は先生です。」
「先生教えて下さい。」
「いいよ。先生は何でも知っている。」
「先生はどこから来てどこへ行くんですか」
「ところでおはなの話をしよう。」
「はい。」
「おはなと君は君は何を頭に浮かべたかな。」
「ゾウの鼻です。」
「像か。」
「いいえ。」
「先生な考えていた。」
「はい/」
「私はノートン、」
「このコインを一直線並べたら地球の裏側にいる僕のまだ見知らぬ友達の元へ届く事は可能ですか。」
「無理だ。」
「なぜ」
「みんなコインをポケットに入れてしまうからだ。」
「生産性のある話をしようじゃないか。」
「何の話?」
「オフィスデスクの上に転がったハエの死体の話。」
「おもしろそう。」
「話すよ、」
「お願いします。」
「オフィスにハエが飛んでいた。」
「はい。」
「2人は仲良しだった。」
「はい。」
「ハエが両手を擦り合わせ」
「はい。」
「食べ物を探している。」
「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」
「そうしました。」
「ハエは死んだよ。」
「今朝と同じ場所にいた。」
「横に転がってたよ」
「手は同じ位置だった。」
「悲しいんですか。」
「ちっとも悲しくなかった。」
「汚いんですね。そのオフィス。」
「そうだよ。汚い。掃除する人がいない。」
「世の中も汚い。掃除する人がいない。」
「そう来ましたか」
「若いね。」
「若いよ。」
「あんただけだよ、そう思ってるの。」
「まだマシさ。」
「先生は吐き気するよ。そういう考え。」
「先生、」
「はい、私はノートン先生です。漢字Talk時代の。」
「先生、愛してる。」
「そうですか。」
「いつか先生と結婚して男だけど先生の子供を生んで、その子供には自分の名前とノートン先生の名前を半分ずつ合わせた名前をつけて、その子がいつか大きくなってホットケーキを一人前に焼けたのなら私はその子にカンパンをチェリオを持たしてアジア各国の国を旅させたい、東洋の神秘をあの子に味合わせてあげたいの。」
「先生」
「これはインターネットに広がる情報をインプット」
「今はアウトプット。」


*log横に線を引く度にあんたは考えるようになった。

090716_1232~01.jpg


*log【展示】リッチブラック@ACT




m7kenji

#9

102

velonyca






リッチブラック展



7/21(tue)-7/26(sun)

11:00-20:00

最終日17:00まで

The Artcomplex Center of Tokyo 2F ACT4



『リッチブラック』とは、デザイン用語でプロセスインキが半透明だということを利用して、K100%に、Y、M、Cなど他の色を30~50%程度混ぜて使うことをいいます。

この『リッチブラック』には、あらゆる物に透けない黒さや、濃く、美しい黒という目に見える美しさと、

展示参加4名を4色と例え、メンバーの境遇や、今、この瞬間の各々の人生を重ね合わせられる事に対しての可能性への魅力を表現しています。

主な展示内容は、作品の展示・販売、また、ビジュアルパフォーマンスを含めた、音楽機器などでの演出を予定しております。



また、展覧会の参加者は4名のアートチームで構成され、デザイナー、グラフィッカー、イラストレーターなど、現代社会のカルチャーを総称するような20代前半の若者です。

彼らのライフコンセプトのカリスマ性や、作品から映し出される不可解であり、心地よい、ピクセルをドラッグとして摂取しているような感覚をご提供させていただきたく思います。

現代のサブカルチャーよりもライトで、現代アートとは一味違うインパクトと、ファッション性ある展覧会に、是非お越しいただけますよう、よろしくお願い致します。



http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT4/rb.html



The Artcomplex Center of Tokyo

〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9

12-9, Daikyo-cho, Shinjuku-ku Tokyo

tel/fax: 03-3341-3253

google MAP


1 / 3
Archive