navication open

*log右翼の車が…

20060730_76956.jpg EGO-WRAPPIN'の色彩のブルースを爆音で流してた。
なんで?


*log海の下

川崎港海底トンネル
神奈川県川崎市川崎区にある人工の島、東扇島へと繋ぐトンネル。
国道132号線、塩浜交差点を抜け千鳥町を走る。
川崎港海底トンネルへと差し掛かる手前。
左脇に道が長く伸びているだろう。
そこをまっすぐいくんだ。
葉色が余り良くない木や草がいっぱい茂った公園があると思う。
緑がいっぱいだけど空気は悪い。
そこには人なつっこい猫がいっぱいいる。
けれども俺の目的はそれではないんだ。
水色と白のデカイ建物のふもとに
薄汚れたトタン屋根の小屋がある。
中には地下へと続く階段があるんだ。
階段は緩やかな傾斜で地面は水に濡れてじっとりしている。
下へ降りるほど空気もじっとりと湿り気を増してくるが分かるだろう。
開きっぱなしの自動ドアをくぐる。
ゴォーーーという音の存在がでかくなる。
地下には1Kmの細長い道が続いてる。天井の高さは2m。
前を見つめても出口は見えない。
四方の角が視界の中心へと伸びて綺麗な×印を描いてる。
右斜め上のスピーカが俺に言う。
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
ノイズ混じりの割れた女の声。
足を前に動かす。
一歩ずつ前に進む。
体は前に進む。
しかし景色は一向に変化が無い。
俺は放置されていた自転車に乗りたくなった。
ノイズ混じりの割れた女の声が言う。
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
俺は歩いてる。
空気が美味しいという言葉があるが、
空気のオイシイ味って分かるのかな。
もし空気の不味い味が分かるかって聞かれたら
俺は何の迷いも無く答えられるぜ。
ここの空気はクソマズい。
ノイズ混じりの割れた女の声が言う。
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
汗をかいた。
とてもイヤな汗だ。
今日は曇りだし気温も下がっているのに
背中にじわりと汗が出る。
後ろを向いたら大男が立っていて
鈍器で思いっきり頭をヤラれそうだ。
等間隔にある避難扉の前に積んである土嚢が
浮浪者の体の一部に見える。
ノイズ混じりの割れた女の声が言う。
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
音楽を聞きたいと思った。
でもカバンからMP3を出して聞く気にはなれなかった。
それはこの重い空気を味わっていたいのと
閉鎖的な空間に自分一人しかいないという事に不安を覚え、
五感の1つも欠きたくないという思いからだ。
ノイズ混じりの割れた女の声が言う。
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
しかし退屈だ。
鞄の中にある文庫本を取り出して昨日の続きから開く。
ちょうど主人公が睡眠薬をキメてラリってる。
1つ1つの単語や言葉がバラバラになったジグソーパズルの様に
何ページにも渡って続いている。
正直読み飛ばしてもいいかも知れないが
1行1行、文章から目が逸らせない。
逸らしたら負けだと思った。
ノイズ混じりの割れた女の声が言う。
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
まだラリッたページは終わらない。
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
「ここは歩行者専用通路です。自伝車は降りて通行してください。」
ノイズ混じりの割れた女の声。
俺は気が狂いそうになった。


*loghave a nice day

これ流行ってんだなー。↓
やる人をよく見る。
やってみよかなやってみよう
俺の場合…
■□■□■□■□■□
1986年 5月 8日生まれのあなた
今年の誕生日は来ましたね、それから69日目です
生まれてこのかた7374日目です
今日は 良い事がありますように。
年齢20歳は 忍耐と努力がテーマです。いかなる成功も目に見えない忍耐が隠れています。繰り返し淡々と過ぎ去っていく日々ですが、しっかりと目の前の事をこなして下さい。
基本性格
表現、意志表示が得意。
焦りがちで物事を見切り発車して、後で後悔しがちです、しっかり長期の展望を心がけて下さい。
一見自信家に見えますが、実は臆病で恐がりです、人の顔色を常に伺っています。
・人間関係
初対面より10回目あたりまでは評価も高く人気者ですが、以降徐々に中身の自信の無さがバレて気がつけばグループ内の地位は急降下、取りつくろうも逆効果に、自分の弱さを回りに理解されれば、いいところも理解され、あなたのユニークな性格は貴重です自信を持って下さい。注意点は調子に乗らないように。基本的に偉そうで命令口調系なので注意して下さい。なお自分が命令されるのは大嫌いです(中にはマゾっぽく反転する人もいるが)
・生活
いつもくだらない事を考えていますが、十に一つはすばらしいアイデアが閃きます、それをどう生かすかがポイントです。ただ十中八九は役に立ちそうもありませんが。
・金運
お金には好かれる人です、ケチるところはしっかりケチり、しっかりと価値のあるものを購入します。但し人前でいいかっこなどして散財しない事と人間不信に陥ると宝石やブランド物等で心の隙間を埋めようとしますがこれも注意が必要です。
■□■□■□■□■□
「忍耐と努力がテーマ。」「いかなる成功も目に見えない忍耐が隠れています」「しっかりと目の前の事をこなして下さい。 」
やばいよこれ。やるっきゃないんじゃないの。
「いつもくだらない事を考えている。」
ごめんなさい当ってます(笑)
ところで…
いつも仕事でお世話になっている会社様から
あるお誘いが来たよ。
●クリエイターズハンズオンパーティー“Summer CHOP!2006”●
*いつもはそれぞれメールだけでお仕事をされているクリエイターの方々が、お互いに顔を合わせて楽しく交流できる!*
ジャジャジャジャン!
なんという素晴らしくビューティフルな企画ナンダ!
実際生で仕事をしているクリエイターの方とお会いできるなんて学生の俺にそんなにチャンス少ないし、モチベーションあがりまくりだよ!!!やべえ!!うぅええあは!
それでいて緊張しまくっちゃうだろうな(‘∀’)b
8月の下旬開催らしいです。
それまでに新しい作品いっぱい作ろうではありませんか。
己の未熟さを痛感すると思うので「(‘∀’)b」つかってるけど結構真剣ですよ。
なにはともあれ
いい経験にしようと思う!


*log赤がオレンジに変わる所があって

20060715_62701.jpg 知ってるかい?
夕立が降ったあとの夕日って
凄くキレイな色をしてるんだぜ!
木曜日に購入した爽快青春ストーリー小説(カバーの後ろに書いてあった)を
金曜日学校の帰りマックで読みつぶす。
2日で一気に読んだ。
本を読む早さなんて個人差があるだろうけど、俺が今までこんなに早く本を読むのは初めてなんだよ。
読んだ本は
「4TEEN」。
14歳。中学二年生。
今頭の中で思い返して印象に残ってるのはおじさんの話。
俺も最期に病院では死にたくないね。
死ぬのがわかったら人がいないどっか景色のいいところで美味いもん食いながら死にたいね。
死にたくないけど!
ほかにも過食と拒食を繰り返す彼女の話もよかった。最後らへんが好き。
なんだか暗いテーマが多そうに見えるけどそんなことはない。
実際小説の中の4人組を見てたらなんだか羨ましくなってきちゃったよ。
14歳。中学二年生。
その頃俺は何をやってたんだろーなあ。
思い出してみようと思ったけどあんまり印象に残ってる事ないよね。
ネットで2000年の出来事とか調べて連鎖式に僅かに思い出す…。
確か新しい自転車買った、それで地元の花火大会見に行った。
横浜に自然教室みたいなので学校で泊まりに行った。そのとき描いたかなりふざけた絵がしおりの表紙絵に投票で選ばれた。
せっかく横浜来たのに中華街で飯食わずにケンタッキーで飯食って、
あまり飯を食わない同じグループの女の子に向かって
「食って太れ」という暴言を吐き出した(笑)
あとは正月にお年玉で念願のmyエフェクターを手に入れたな。ZOOMの。
てかやばい。時間ないな。12時からバイトなんだ。支度しなくちゃー
もっと本を読もっ。ボケ防止になりそうだぜ(笑)
次は重松清の本でも読もっと。
バイト行ってきやす!


*log悪い事がしたい年頃だった

夜中の1時間半で仕上げた
プレゼンの授業の紙芝居の絵達。
ちなみにテーマは今まで体験したエピソードor未来予想図で
高校時代ホームで迫り来る電車対し、
おもいきっりバクテンで線路に飛び込む真似したら
駅員さんに怒られた話。
FAST BUGのスカムワードス風の絵(笑)
HDに眠らせとくのが哀れだったのでここで公開(笑)
ねむーなんかさー昨日から寝てないのになぜかおきれてるってステキ!!
取り敢えずさ心置きなく眠りやす!


1 / 2
Archive