Category Archive: Program

navication open

BUGTRONICA for Smartphone

logo

░▒▓ iOS & Android バグGame ▓▒░


sc1 sc2r sc4r sc5 sc6

あるひ ぼくの めのまえは
バグだらけだった。
たいへんだ。なんとかしなくちゃ。

BUGTRONICAはスマートフォン向けのアプリで
バグった世界を徘徊するゲームなんだ。

キミはバグってしまっていて
むし を倒して右へ進まなくちゃいけない。

なんだかとってもこわいけど、だいじょうぶ。
きっといいことがあるよ。
元気がない人がやってくれたらうれしいな。


DOWNLOAD for iOS
DOWNLOAD for Android
BUGTRONICAを支援する
Click here to read more »


*log※ネタバレあり BUGTRONICA ツイートスクラップ

BUGTRONICAに関して
皆のツイートをスクラップさせて頂きましたm(__)m
ひとつひとつの感想救われる様な気持ちで眺めさせて頂いています。
作品に注いだ力が一巡して再び自分の元へ倍になって帰って来た様な気持ちです。本当にありがとうございます。
※もしツイート埋め込みが嫌な方がいたらご連絡くださいm(__)m
Click here to read more »


*logBUGTRONICA開発日誌


今までBUGTRONICAの製作の際に、Twitterにボソッと呟いやた事や制作心理に関わりそうな発言を今後の為にまとめてみた。
僕は一体何を考えているのだろうか。
今後も何か留めたいことがあればエントリを増やすのではなくこのスペースを活用出来たらと思う。

⇩以下Twitterより転載そして記録。
Click here to read more »


BLIP FESTIVAL TOKYOアプリ




今年もBlipFesTivalTokyoに出れる!出れるんだ!という勢いで、今年は去年とは違うことやってパワーアップしてやるぞー!と気合を入れてアプリを作りました。

でました。BlipFEestivalのアプリです。

 
出演アーティストのプロフィールやイベントのスケジュールが確認できます。
カメラを通すと電子機器特有の矩形波に反応してリアルタイムに映像が生成される事はありませんが、

このアプリは平日深夜のマクドナルドによなよな通ってガラス側の席に座って荷物を迷惑のかからないように膝の上に置いたりしたりして、

ガード下を通り抜ける人々を口をぽかーんと開けながらみつめたりして、夜も更に更けてくると、ほんとにここは行き場の無い奴らの溜まり場さっていいたくなる。

ここでは始発を待っていたり朝を待ってる人もいるけど、居場所を失った人や帰る場所が無い人だって集まっている。
未来を待ってる訳じゃなく、ただこの時間が自分の目の前をひゅーっと通り過ぎるのを待つだけだ。

なぜなら夜は彼等の心を不安定にします。シラフじゃいられないかもしれない。どこか屋根のある場所へ行こう。待つというよりはただきっとじっと耐えてるんだと思う。ふう。

僕は?僕はなんでここにいるんだろうって時々思う。帰る家があるのに。始発なんか待ってないのに。でもね。

あ、あと振って楽しいオマケつきです。




Ringo for Smartphone




 



「Ringo」は敵も障害もクリア条件もない安全が保証されたスペースの中で少年を操作し、ただひたすらリンゴを拾い続けるアプリです。

Androidにも対応しました。



リンゴを拾う度にランダム生成されるドットマトリクスの色と形、500種類を超える言葉の変化、時折流れる様々なBGMが貴方の脳みそに刺激を与えます。頭の奥でブチブチと何かが切れる音がするかもしれない。でもそれは気のせいかもしれない。

Ringoはまた、シングルタッチによる滑らかな座標間移動を最近のスマフォアプリ並みに、まるで人並みに実現させたほか、高度にインタラクティブな次世代の時間消費をなんとなく体感するために必要な最初のアプリでもあります。

Ringoは現行の代表的なiOS、androidに対応しており、今すぐ無料でダウンロードすることができます。


「昔携帯Flash用に作った中毒性が酷く高いゲームを移植&パワーアップさせたんです。
正直ゲームと呼んでいいか分からないけど、アプリと呼べばいいと思います。

昔のRingoのプログラムの80%は深夜のファミレスで日替わりスープ飲みながら組み上げたもんなんだけど、

やっぱし塩分の摂り過ぎは良くないと思ってこの数年間でちょっと健康思考になったってことなんだ。

だからあの時食べてた竜田チキン&ハンバーグプレートのドリンクバー&日替わりスープ(おかわり自由)付きも25歳になった今、真夜中に食べるとなると「ああちょっとこんな時間に食べたら太るわあ」とか思春期に入った女の子みたいな事思ったり

動けばいいじゃんと思っていた内部の仕組みも今じゃ「こう動かなきゃカッコわるいぜ」と思春期に入った男の子みたいな事思ったりして今まで気がつかなかった事に気づいてしまって神経を這わせることになったんだ。

だから君が普段意識する事無く使ってるその歯ブラシも毛先の細さや束の数やしなやかさなとか柄の色とかギザギザカットとかも何処かの誰かが深夜の開発室で

歯茎から血を出しながら「ああ駄目だこれじゃ駄目だブシュウ」とかしてると考えると、おやおや何だか瞼から熱い物が流れてくるねえ(君が人間的な倫理観を持ち合わせているならば!)。


だから今回は家でじっくり組み上げたんだよ。でも時々深夜のマックでも作ったし仕事帰りの高円寺北口のロータリーでうつらうつらしながらゲームボーイして音も作ったし、つまりこれは家でじっくり作ったなんて事は嘘になるね。

だからこそああ太陽の光が恋しい。君ん目の白い所は本当に白色かい。もしかしたら黄色く濁ってるかもしれないし、でも気にしだしたらキリがないし。

だから本当にこんな事になる前に、みんな沢山りんごを拾おうね。」


と僕は思います。



 


※Ringoに対しての雑感
Ringoに対するみんなの反応


2 / 4
Archive